ゴールドコースト、ブリスベン(レッドクリフ)、ハービーベイ、バンダバーグ発

小型飛行機で遊覧飛行を楽しみながら、グレートバリアリーフのレディーエリオット島に行きませんか。
グレートバリアリーフの最南端に位置します。
美しい珊瑚礁でスノーケリングやグラスボトムボート(ガラス底の船)で様々な海洋生物を見ることができます。
特にマンタエイやウミガメなど感動的です。
自然あふれるエコリゾートでの休日をお楽しみ下さい。

宿泊プランーに含まれるもの(レディーエリオット島までの往復航空券は別料金となります。)

  • 朝食と夕食(バッフェスタイル)※昼食は含まれておりません。
  • 島内観光
  • グラスボトムボートとスノ-ケリングツアーツアー(ガイド付き)
  • リーフ散策
  • 野鳥の見学ツアー(季節による)
  • ウミガメの産卵見学(11月から4月のみ)
  • くじら見学(6月から10月のみ)
  • 環境管理税

 

宿泊料金について(大人1名1泊あたりです。)
子供(3-12歳)でベッド不要の場合は子供料金が適用されます。
子供(0-2歳)は無料です。

 

2018年04月01日から12月14日
2019年01月29日から03月31日

2018年12月15日から2019年01月28日
※12月20日から01月05日は最低4泊より

アイランドスイート
(最低2泊より)

480ドル(シングル)
385ドル(ツイン・トリプル)
330ドル(クワッド)

810ドル(シングル)
405ドル(ツイン・トリプル)
350ドル(クワッド)
リーフスイート 420ドル(シングル)
325ドル(ツイン・トリプル)
280ドル(クワッド)
450ドル(シングル)
345ドル(ツイン・トリプル)
300ドル(クワッド)
グランピングテント
(大人2名のみ、ダブルベッドのみ)

420ドル(シングル)
325ドル(ツイン

450ドル(シングル)
345ドル(ツイン
ガーデンユニット 385ドル(シングル)
295ドル(ツイン・トリプル)
250ドル(クワッド)
410ドル(シングル)
310ドル(ツイン・トリプル)
265ドル(クワッド)
エコキャビン
(トイレ、シャワー共同)
270ドル(シングル)
185ドル(ツイン・トリプル)
170ドル(クワッド)
305ドル(シングル)
205ドル(ツイン・トリプル)
185ドル(クワッド)
子供料金 99ドル 130ドル

 

レディーエリオット島までの往復航空券について
※上記宿泊料金とは別に必要です。
※預け荷物はお一人様15キロ1個になります。
※空港までの送迎サービスはありません。

 

料金(1名あたり往復)

航空スケジュール
※予告なく変更になります。
ゴールドコースト発

730ドル(大人)
430ドル(子供)

往路 06:45発 08:45着
復路 14:30発 16:30着
ブリスベン発

730ドル(大人)
430ドル(子供)
※1名のみの場合は+100ドル

往路 07:15発 08:45着
復路 14:30発 16:00着
ハービーベイ発

329ドル(大人)
199ドル(子供)

往路 08:10発 08:50着
往路 10:30発 11:10着
往路 13:00発 13:40着
復路 09:30発 10:10着
復路 11:30発 12:10着
復路 16:00発 16:40着
バンダバーグ発 329ドル(大人)
199ドル(子供)
往路 08:40発 09:10着
往路 13:30発 14:00着
復路 11:30発 12:00着
復路 16:00発 16:30着

 

 

 

レディーエリオット島とは

レディエリオット島は、オーストラリアを象徴するグレートバリアリーフの最南端に位置するサンゴ礁の島です。バンダバーグの約80 km北東、フレーザー島とレディマスグレイブ島の中間に位置しています。レディエリオット島は、クイーンズランド州南部の州都ブリスベンから最も近いグレートバリアリーフの島です。バンダバーグ、ハービー湾/フレーザーコースト、ブリスベン(レッドクリフ)、ゴールドコーストから出発する飛行機で絶景を楽しみながらお越しください。面積はわずか42ヘクタール (100エーカー)で、徒歩でも45分で島を一周できてしまうほどの大きさです。

 

体験しよう!

グラスボートでのリーフツアー、シュノーケリングやスキューバダイビングの体験、ガイド付きのリーフウォークのほか、ビーチでゆっくり過ごしたり、のんびりとした島内散策もお楽しみいただけます。グラスボートでのリーフツアー、シュノーケリングやスキューバダイビングの体験、ガイド付きのリーフウォークのほか、ビーチでゆっくり過ごしたり、のんびりとした島内散策もお楽しみいただけます。

リーフで1日楽しんだ後は、灯台に赴いて日没を眺めながら乾杯。そのあとはビーチフロント・ダイニングルームで美味しいお食事を味わったり、ラグーン・バーで魅惑的なオーシャンビューを堪能しながらドリンクを楽しんではいかがでしょう。

楽しもう!

レディエリオット島は、世界遺産に登録されているグレートバリアリーフの中でも「グリーンゾーン」に指定されている区域にあり、環境が厳しく保護されています。ここは、1,200種以上の海洋生物の聖域となっています。グレートバリアリーフの中でも最高のシュノーケリング、ダイビングスポットとして知られているこの島では、マンタレイ、ウミガメ、イルカ、リーフシャーク、ザトウクジラ(シーズンのみ)、そして、映画『ファインディング・ニモ』に出演しているすべての生きものを観察できます。ここでは、船で遠くまで行かなくても、グレートバリアリーフの本物の驚異を体験できます。

 

グレートバリアリーフの最南端を訪れる理由トップ5

グレートバリアリーフ最南端 ― ゴールドコースト、ブリスベン (レッドクリフ)、ハービー湾/フレーザーコースト、バンダバーグからの絶景フライトで簡単にアクセス。

世界屈指のシュノーケリングとダイビング体験 ― 水中の視界が最高で、状態の良いサンゴ礁や信じられないくらいに豊富な海洋生物が見られます。ウミガメやマンタレイ、リーフシャーク、イルカ、そしてシーズン中はクジラにも出会うことができる上、毒針を持った生物は生息していません。

自然を体感 ― リーフウォーク、ガイド付きの自然ツアーや歴史ツアー、鳥やウミガメの産卵と孵化、ザトウクジラの移動(移動シーズンのみ)。

エコリゾート ― アドバンスエコツーリズムと気候アクションリーダーの認証を取得。持続可能なエコ活動を続ける、ハイブリッド太陽光発電所を備えた本物のエコリゾート。

混雑なし ― 訪問者数は宿泊が150人、日帰りが100人と厳しく制限されているので、混み合うことはありません。

 

ツアーレポート

弊社のブログに日帰りツアーの詳細を掲載しておりますので参考にこちらもどうぞ。

 

日帰りプラン

レディーエリオット島はゴールドコースト発の日帰りツアーもあります。日帰りでよいという方はこちらへ。

 

お問い合わせは

 

下記フォームにご記入のほど宜しくお願い申し上げます。
原則2営業日以内にメールにて回答させていただきます。